敏感肌の洗顔は石鹸をよく泡立てて

subpage1

敏感肌の方の洗顔で、いちばんおすすめなのが石鹸です。敏感肌の方は、外部からの刺激にとても弱くなってます。

特別な人気の敏感肌化粧品を初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

このようなときに、刺激が強い洗顔料を使うと肌が赤くなったり荒れたりします。
シンプルで、界面活性剤の使用がない石鹸が肌の負担を少なくします。


洗い方にも、こつがあります。


しっかり泡立てて、肌との間にクッションができるようにしましょう。ごしごしとこすらずに、泡をなじませるようにします。



アイメイクと口紅は、ポイントメイク専用のクレンジングを使っておきます。
洗顔前に、クレンジングを何回もする方がいますが肌に負担になるので注意しましょう。

洗顔の温度も、ぬるま湯で32度前後が理想です。



しっかりと洗い流すことが大切です。肌に残っていると、かゆみやニキビの原因になります。流した後は、タオルでふき取りますがこのときもごしごしと力を入れるのを避けましょう。

熱すぎでも、必要な皮脂が流れてしまいます。冷たいと、肌が赤くなりやすいです。

保湿ができる洗顔は、有名になっていますがしっかりと汚れを落とすことを、敏感肌の方は考えましょう。
石鹸は、綺麗に落とすのが役割で、保湿対策はスキンケアで行います。
石鹸でも、すべて肌に合うとは限りません。
腕の内側の柔らかい部分につかって、かゆみが出ないかどうか確認しましょう。
香りも女性は、重視しています。できるだけ香りが柔らかい石鹸を使い、あとにつかう化粧水や美容液に違和感がない商品を選びます。