敏感肌の人の石鹸の選び方

subpage1

敏感肌の人は外からの刺激に対するバリア機能が低下しています。

これはストレスや体調が引き起こすこともありますが、肌の保湿成分を減少させる間違ったスキンケアが原因となっている場合があります。


肌のターンオーバーが乱れると角質層の細胞に隙間ができ、そこから肌の水分や保湿成分が流出してしまいます。
洗顔はそれ自体が肌への刺激となり、肌トラブルを起こす原因の一つです。
しかし、メイクや汚れを落とすために毎日の洗顔は欠かせません。

洗顔料には大きく石鹸とフォームタイプのものがあります。


洗顔フォームは使い勝手の良さと洗浄力が強いことが魅力です。

一方でその形状にするために、合成界面活性剤が多く含まれます。

敏感肌のクレンジングのおすすめにはこちらのサイトが最適です。

敏感肌の人にはこの洗浄力の強さが肌への刺激となることがあります。

石鹸は天然成分が洗浄作用を持つので、必要以上に肌の必要成分を奪うことなく汚れを落とすことができます。
肌への負担の少なさと洗浄力強さのバランスが良いと言えます。


中でも純石鹸と呼ばれる余分なものを含まない洗浄成分のみでできたものがあります。


これは使用後に全て二酸化炭素と水に分解されることからも分かるように、洗浄に必要な最低限の成分からできています。



敏感肌の人が幅広い種類の中から選ぶ一つの基準になります。

洗顔の仕方は、石鹸を良く泡立てて肌に乗せます。

泡のクッションで指が顔の皮膚に直接触れて刺激となることを避けます。


すすぎ残しの無いように丁寧にお湯で流しますが、肌への負担とならないよう全体を1、2分で終えるようにします。